--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/09/26

超お久しぶりに

本当にお久しぶりでございます。

前回の更新が2010年の4月、およそ2年半ぶりに更新となりました。いやぁ長かった(^_^;)
私事としまして、就職したことが大きく、以前よりもMLB関連にあまり時間を割けなくなり、やや興味が薄らいでしまったのかもしれません。それでも公式はちょくちょく覗いて動画なんかはよく見ていましたが・・・ただ前のように英文を翻訳して眺めるなんて作業はしなくなりましたねぇ。まあ今のところ休みは多いので、時間を見つけて更新できれば良いなぁと思います。

サボっていた間、最も大きかった出来事と言えば、当然2010年SFGワールドシリーズ優勝。これに尽きる感じです。
かのバリー・ボンズが15年間在籍していても無理だったのが、引退してからたった3年で成し得てしまいました。チームとしても約半世紀ぶりの栄冠で、前回はウイリー・メイズの「ザ・キャッチ」があった1954年までさかのぼります。
当然優勝に関してボンズに対するインタビューもあったかと思うのですが、この時期私は非常に忙しく、全く記事を読んでいませんでした。何とコメントしたのか気になるところです。
この年はハフ、レンテリア、ウリベらのベテランと、ポージー、バンガーナー、Jサンチェスら若手戦力が上手くパズルのピースのように組み合わさり、PSで神懸かった活躍をしたロス、そしてケイン&リンスカムの2大看板の下優勝を勝ち取った印象です。おっと、無論ジト師匠の活躍を忘れることも出来ません。なに、先発陣で唯一負け越している?そこは触れないで(ry
なおSFGは今年も地区優勝を決め、7度目のWS制覇に向け邁進中。頑張れ!

そしてマット・ケイン
SFGは2年連続サイヤング賞を獲得したインプレッシブなリンスカムではなく、地味ながらも安定した活躍をしてきたケインを長期契約(6年127.5M)で囲い込むことを選択しました。
これは驚きましたが、ケインは完全試合を達成するなど、少なくとも今年はそれが吉に転びそうな様相を呈しています。どちらかと言えばリンスカムの絶不調の方が心配です。やはり球速低下が気になるところではありますが・・

そしてそして2011年のホークス日本一。
現行のプレーオフ制度が2003年に始まってからようやくの日本シリーズ出場、そして中日との激闘を制した、非常に見応えのある一年だったと思います。RSは交流戦含め勝ちすぎて逆に面白くなかったかも(爆
ホークスの魂である小久保も引退と、やはり2年半もサボると色々ありすぎてなにがなにやら?

それでは気の向いたときに更新しますので、気の向いた時に見てやってください(^.^)
スポンサーサイト
未分類 | Comments(3) | Trackback(0)
2010/04/04

お知らせ

お久しぶりでございます。

更新をサボっているあいだ、モリーナ兄貴の復帰、リンスカムと調停回避、ケイン/アフェルド/ウイルソンらの契約見直しなど色々起こりましたねぇ。中でも驚いたのはケイン。結局は2012年を15Mで追加しただけのような形になっています。正直意味不明(何

しかしこの2012年が問題で、この年はまだジト師匠やロワンドの契約が残ってますし、リンスカムは調停三年目に突入し、ウイルソンが8.5Mで、さらにサンドバルが調停権を得ている。最近のSFはリンスカム、ケイン、サンドバル、ウイルソンら薄給の選手が獅子奮迅の活躍をすることによって不良債権の穴を埋めてきましたが、貰うべき選手が給料を貰いだした結果、ペイロールが崩壊の兆しを見せ始めています。2012年をリンスカムが18M、サンドバルが6.5Mと仮定すると、それだけで・・・ ちょっと考えるのが怖くなってきましたねぇ。ポージーやバンガーナーに頑張ってもらわんと大変なことになりそう。

さて以前も書きましたが、私事により1ヶ月ほどネットが出来なくなります。というか今シーズンはマメに情報を終えなくなるので、更新もあまり出来なさそうです。どうかご了承を・・。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/31

日記的なナニカ(2010年01月)

■19日
▼気になったニュース
○フェリックス・ヘルナンデス(SEA)が5年8000万ドルで契約
○ブランドン・メダーズと1年82万ドルで調停回避
○<大相撲初場所>把瑠都2敗目、両横綱1敗守る…10日目

シアトルのエース、ヘルナンデスが長期契約。詳細は不明ですが、調停2年目の投手がこの総額ってのは何かの記録になるんでしょうか?ちなみに調停1年目の投手が結んだ複数年契約では、コール・ハメルス(PHI)の3年2050万ドルが年平均で最高となるようです。ちなみにファングラフスでは「リンスカム陣営は調停でいくらを提出するか?」なんて投票が出来ています。私は個人的願望もこめて"Under 10MM$"に投票してきましたが・・・気になる方は実際に見てください。泣きそうになる結果が出てますorz

なお年俸調停は現地時間で19日が具体的な金額の交換となっておりまして、これが一応デッドラインになっており、駆け込みの契約が相次いでいる模様(リンク先はMLB Trade Rumors)。ただし公聴会が始まるまではいつでも契約可能で、名ばかりのデッドラインとなっています。おっと、SIのヘイマンさんがツイッターで「ジョナサン・サンチェスが1年210万ドル+インセンティブで調停回避」なんて書いてるみたい。思ったより高いなあ。

初場所。魁皇は日馬富士のお株を奪うような立ち回りで四連勝。昨日琴欧洲を力強い相撲で倒した把瑠都は、何と豊ノ島に押し出された。うーん、この辺を取りこぼすと優勝争いには食い込めませんね。
>>続きを読む
日記的なナニカ | Comments(2) | Trackback(0)
2010/01/14

SF Transaction デローサ&ウリベ&ハフ

二人のFA選手を獲得
左がデローサ(カブス時代)、右がハフ(オリオールズ時代)

○DeRosa signs with Giants for two years(SF公式)
○DeRosa signs $12M deal with Giants(ESPN)
○DeRosa fits Giants' Rubik's cube of a lineup(San Francisco Chronicle)

○Uribe's return to Giants sealed(SF公式)
○Giants continue to build depth(ESPN)
○Giants, Uribe near 1-year deal(San Francisco Chronicle)

○Huff agrees to deal with Giants(SF公式)
○Report: Huff reaches deal with Giants(ESPN)
○Giants agree to terms on one-year deal with Huff(San Francisco Chronicle)
>>続きを読む
SF Transaction | Comments(2) | Trackback(0)
2009/12/31

今年も最後

早いもので今年も最後の日となってしまいました。

今年もほぼSF中心の偏った編成内容でお送りしていましたが、こんなブログに足を運んでくださっていた方々、本当にありがとうございました。SFの試合感想を書く事がメインになり、管理人の執筆意欲が途絶えれば長期間に渡り更新が途絶えるなど(てめぇサンシャイン牧場はマメに世話してるだろ?なんて突っ込みは勘弁願います 爆)、なんともワガママ三昧な感じでしたが、これからもこんな感じで行くと思います。どうぞ宜しくお願いします・・・。なお私事により、来季は試合感想を書くばかりか、レギュラーシーズン中の更新がガクっと減っちゃいます。残念ではありますが、辛抱辛抱。

なおSFはつい昨日マーク・デローサを獲得しましたが、これも年があけてから書きます。感想だけを言えば、獲得自体と、金額にはあまり不満はないものの、相変わらずベテランのFAを獲得し続けるんだなぁ、と思った次第です・・。

それでは皆様、良いお年を。
未分類 | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。